引越の片づけで断捨離をする

引越は片づけのチャンス

近年の断捨離ブームで断捨離の本を購入し、やる気になったものの結局、本が増えただけという人も多いでしょう。人は片付けを行うことで、気持ちも整理され自然と心も安定するといいます。片付けて、いるものいらないものを取捨選択していくうちに、本当に大切なものを見極める力がつくようです。期限が決まっている引越は、断捨離を行いスッキリ暮らすための良い機会です。引越を期に片付け上手になり、自分や家族がより生活しやすい環境を整えてみましょう。

引越の準備を楽しみましょう

新天地での仕事の為、マイホームで暮らす為など引越は大抵人生の転機に訪れます。片付けをしていると物が部屋に散乱し、何故か片付け前よりも散らかった状態になることもしばしばあります。引越で重要なのは、とにかく物を段ボールに詰めることです。お勧めは、荷物を詰める時点で「いるもの」「いらないもの」「保留」の3種類に物を分別することです。そのうち、「いるもの」と「保留」は段ボールに入れ区別しておきます。そして、その段ボールをどの部屋にもっていくか記入しておくと便利です。

いらないものの処分方法

整理してでてきた「いらないもの」は一体どううすれば良いのでしょうか。一括して捨ててしまうのもスッキリするでしょう。しかし、今はネット社会、物も大切にすべきなのでネットオークションに出してみるのも結構面白いです。意外なものが案外良い値段で落札されたりして、お小遣い稼ぎにはもってこいです。また、分別時に「保留」とした段ボールについては保留期間を定めておくと良いです。例えば6か月間保留箱に入ったままであれば処分します。引越はとても良い機会です。少しの工夫で楽しく快適な暮らしを手に入れましょう。

不用品の回収を安く済ませる方法は、たくさんの業者に見積もりを取ることです。料金を比較し、1番安いところに頼むと良いです。