自営業の開業に政府が行う融資制度

商売を開業することが増えています

仕事をする方法として、日本でいちばん多いのは、会社などにサラリーマンとして勤務することです。

しかしサラリーマンの雇用形態は、終身雇用や年功序列ではなくなってきました。

そこで最近はサラリーマンを辞めて、自営業として何らかの商売を開業することが増えています。

そうした商売を開業する際には、勤務していませんから、全てのことを自身で行わなければなりません。

その点でまず必要になるのが、開業するための資金の調達です。

テナントの敷金や家賃の資金が必要です

とくに商売を行うためのテナントを借りるには、一般的に家賃のほかに敷金が必要です。

テナントの敷金の金額は、広さや場所によって異なります。

しかしある程度の条件を備えていれば、百万円を超える金額であることも珍しくありません。

また実際に商売を開始する前には、準備期間も存在します。

準備期間は商品を販売していませんから、収入がありません。

それにも関わらず家賃も支払わなければならないので、そのぶんの資金も用意すべきです。

政府が行う融資制度の利用

そこでよく利用されるのが、政府が行っている自営業を開業するための資金の融資制度です。

開業するときはまだ実績がないために、一般の金融機関の場合は、融資を受けられないことがあります。

これに対して政府が行う融資制度であれば、その人のやる気やプランを重視してくれます。

例えば顧客獲得のためのプランを明確に示すと、融資を受けられるケースが多いのです。

したがって自営業は、政府が行う融資制度を利用することが、賢い始め方です。

兵庫県姫路市のB級グルメの代表である「どろ焼き」が名物であるお好み焼き店「喃風」が、フランチャイズを募集しています。「喃風」では、立地や地域特性に合わせた最適な店舗スタイルを提案してもらえます。